So-net無料ブログ作成
検索選択

「実現できるのか」米大統領発言、首相が否定(読売新聞)

 鳩山首相は22日の衆院本会議で、米軍普天間飛行場移設問題を巡る、今月12日のオバマ米大統領との首脳会談のやりとりを説明した。

 首相は「大統領にもぜひ協力願いたい、必ず5月末までに決着したい旨を述べた」と語った。大統領が「きちんと最後まで実現できるのか」と問いかけた点に関しては、「そのような発言はなかった」と否定した。

朝鮮学校無償化、脱北者らが適用反対(産経新聞)
鳩山首相の元公設秘書に有罪判決 禁固2年猶予3年(産経新聞)
有休取得率70%へ=20年目標、消費刺激を期待−政府(時事通信)
インスタントラーメンの父「安藤百福氏」特別企画(産経新聞)
龍谷大生が中2女子を買春、逮捕(産経新聞)

古川祭の「起し太鼓」=岐阜県飛騨市〔地域〕(時事通信)

<共産党>「第三極」危機感…みんなの党台頭で(毎日新聞)

 共産党の志位和夫委員長は13日、党本部で開いた「全国都道府県委員長・地方議員・候補者会議」の報告で、06年1月から10年3月までの地方議会選挙で同党公認候補が計598万票を獲得した実績を紹介し、7月の参院選比例代表の目標「650万票」は「手の届くところにある」と訴えた。同党は民主、自民両党への不満の受け皿を目指しているが、「第三極」としてみんなの党が勢いを増し、危機感を強めている。

 01、04、07年の参院選比例代表で共産党の得票は400万票台にとどまった。志位氏は新規党員獲得が進んでいない現状を指摘し、「この延長線では(参院選勝利の)チャンスを逃す」と奮起を促した。【中田卓二】

【関連ニュース
共産党:米原潜の寄航を問う質問主意書提出 志位委員長
鳩山首相:共産党の志位委員長と会談
語録:真剣に聞いてくれた−−志位・共産党委員長
選挙:衆院選 共産、9議席維持 民主「側面支援」アダ、党勢伸長はならず
核持ち込み:共産が主意書 外相の否定答弁に疑義

チューリップ500本折られる=河川敷で、器物損壊で捜査−兵庫県警(時事通信)
裁判員裁判444件 死刑・無罪の判決なし(産経新聞)
昨年度の教員懲戒処分は37件 大阪府教委(産経新聞)
シカに矢、死なせた疑いで男逮捕へ=春日大社でボーガンか−奈良県警(時事通信)
キン肉マンの牛丼秘話 「なか卯」か「吉野家」か(J-CASTニュース)

<チリ大地震>支援空振りで1800万円損失(毎日新聞)

 岡田克也外相は9日の記者会見で、2月のチリ大地震の際、緊急支援医療チーム派遣用に準備したチャーター機がチリ政府に断られて不要となり、キャンセル料が1800万円生じたと明らかにした。1月のハイチ大地震で支援が遅れたとの反省から迅速に対応した結果で、岡田氏は「慎重にすれば遅れる。今回は私の責任」と語った。政府は発生翌日の3月2日、チリ側から簡易病院建設の支援要請を受けて先発隊として医療チーム3人を派遣、本隊派遣に備えチャーター機を準備した。しかし翌日チリ政府から「必要なのは資材であって人ではない」と断られたという。

【関連ニュース
ユネスコ:耐震補強法を世界で共有 情報網を構築
チリ津波:気象庁の対応、「適切」6割 東大地震研調査
気象庁:チリ津波「過大」発言…長官は「おわび不要」
チリ津波:地上職員避難で旅客機が立ち往生 仙台空港で
チリ:大規模な停電が発生 大地震で送電系統に障害か

猿人化石、新種と発表=195万年前、南ア洞穴で発見−ヒト属祖先との見方も(時事通信)
<普天間移設>徳之島軸に調整 ホワイトビーチ断念へ(毎日新聞)
イケてる野良着でショー=島根県邑南町〔地域〕(時事通信)
<毒ぶどう酒事件>「再審決定を」支援者が高検に要請(毎日新聞)
ごみ焼却施設から高濃度のガス検出(産経新聞)

首都圏の大学50校で窃盗80件? 無職の男逮捕(産経新聞)

 学習院大学(東京豊島区)に侵入して学生の財布を盗んだとして、警視庁調布署が窃盗の疑いで、府中市本町、無職、横山夏樹被告(27)=建造物侵入罪で起訴=を再逮捕していたことが7日、同署への取材で分かった。

 同署によると、横山容疑者は容疑を認め「大学のキャンパスなら人も多く、学生を装ってとけ込むことができた」と供述。同署は、横山容疑者が今年1月ごろから、首都圏の大学約50校で約80件の窃盗を繰り返したとみて捜査している。

 逮捕容疑は1月20日朝、学習院大のキャンパス内のホールで、女子大生のリュックサックから現金約1万円が入った財布を盗んだとしている。

 横山容疑者は2月16日、電気通信大(調布市)の教授室に侵入しているところを職員に発見され、建造物侵入の現行犯で逮捕されていた。

【関連記事】
「らしさ」大切にしたい 波多野院長に聞く皇族の“学習院離れ”
早稲田“一期生”252人が入学式 佐賀の系列中・高
東大合格に異変!「首都圏名門」上位独占、「地方」激減
開星高教師、女子便所にカメラ…初戦敗退の日に逮捕
「のぞきたかった」と供述 早大生、女子トイレに侵入の現行犯で逮捕
「中国内陸部の資源事情とは…?」

CO2削減を義務化=国内初、ビルや工場が対象−東京都(時事通信)
セクハラ相談員がセクハラ!酔ってキス強要(スポーツ報知)
富士通 野副元社長、損害賠償提訴へ 取締役数人相手に(毎日新聞)
鶴岡八幡宮 大銀杏に新芽…残った根の部分から(毎日新聞)
現行計画も選択肢=普天間移設−岡田外相(時事通信)

小学教科書検定 年越し派遣村、裁判員…最新の話題に言及(産経新聞)

 小学校の新しい教科書には、最近の時事問題も多く登場した。

 平成20年暮れから年明けにかけて注目された「年越し派遣村」は、6年社会で掲載。「これからの日本を考えよう」とする章で、派遣村の写真に「派遣社員を中心とする失業問題が注目を集めました」とある。

 裁判員裁判は、6年社会の全5社に初登場。「大人になったら、わたしたちも裁判員に選ばれるかもしれないね」(教育出版)などと身近なテーマとして取り上げられている。

 新型インフルエンザは5、6年の保健で4社が記述し、残り1社は鳥インフルを取り上げた。新型インフルは発展学習の扱いとされ、文部科学省は「感染への対応策が解明されず、病気予防が十分に学習ができないため」と説明している。

 インターネットについては、調べ物などの活用方法や、トラブルに巻き込まれないよう「個人情報を書き込まない」といった注意点などをめぐって繰り返し取り上げられた。ネットいじめの温床ともなることから、ネットに書き込む際には「思いやりをわすれない」といった表現もあった。

 地球温暖化も複数科目で取り上げられた。社会や理科に加え、家庭でも太陽光発電を使った住宅を紹介したり、算数でサンゴが海水温度の上昇によって破壊されていくペースを面積で求める記述が登場した。

【関連記事】
韓国「まず攻撃ありき」で認識平行線 日韓歴史共同研究第2期報告書
日本の教科書に影響与えない 岡田外相
日教組教研、朝鮮人虐殺で根拠ない「6600人」
鳩山政権の次の教育政策は? 底流に「日教組政策集」
つくる会自由社版を採択 横浜市教委が8区で
あれから、15年 地下鉄サリン事件

「長官銃撃はオウムのテロ」警視庁が異例の発表(読売新聞)
増え続けるDV被害 「自分はダメ人間。私のせい…」 被害意識なく気付かず(産経新聞)
人殺到、不調訴え=東京・原宿の竹下通り(時事通信)
スーツケース遺体 出頭の男逮捕、女性遺棄容疑で 金沢(毎日新聞)
<地震>北海道・小樽などで震度3=午前10時3分(毎日新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。